撮影記 旅行

冬の会津 鶴ヶ城の雪景色

更新日:

皆さんこんにちは、伊吹です。
年末年始とスキーに行くついでに会津若松の鶴ヶ城に行ってきました。節約のため往復で青春18切符を使いましたがスキー板を担いで片道6時間以上の電車は難易度高かった(泣)

年末年始は寒波が来ていてカメラ持って行っても写真撮れるか怪しかったんですが、写真好きとしてはどんなに確立が低かろうが0.1%でも写真が撮れる可能性があるならばと思いカメラを持って行きました。偶然の晴れ間が来た時に写真撮れないって場合は後悔はしたくないから。

そんな鋼の意思を持って臨んだ旅行。14時に会津若松に到着しホテルに荷物だけ預け、難攻不落の名城と言われた鶴ヶ城に向かいました。

α7RⅢ + FE 24-105mm F4 G


着いたら堀の水が凍ってました。冬で寒いところはスキー場程度しか行ったことない身としては堀の水が凍っててかなり驚きでした。当たり前ですが当たり前でなかった人生。

難攻不落ってなんで難攻不落なんだろうと思いながら鶴ヶ城へ。

α7RⅢ + FE 24-105mm F4 G


城の中のお稲荷様は笠をつけてて、可愛いかった。笠地蔵ならぬ、笠お稲荷様です!雪が笠の上に積もっていい感じ。

お城についていい撮影ポイントないかうろうろとしていたら・・・

α7RⅢ + FE 24-105mm F4 G


だんだんと雲が晴れて、夕方の傾いた日差しと雲がいいコントラストに。更にその背景に軽く雪化粧した鶴ヶ城が映える事。

α7RⅢ + FE 24-105mm F4 G


角度を変えてパチリ。

撮影日は大晦日だったため、終わり良ければ総て良しの心境。

鶴ヶ城の撮影に満足し、日もかなり落ちていましたが強行で飯盛山のさざえ堂に行きたく凸りました。

α7RⅢ + FE 12-24mm F4 G


時間が遅く中に入れませんでした。(泣)とりあえず外観だけでもと思い頑張って撮影。
一番印象に残ったのはさざえ堂に行くまでに階段を登らないといけないんです。だがしかし、道中の雪が固まっていてもはや氷状態。雪道歩ける靴でいったにもかかわらず滑る。正直アイゼンが欲しかった。冬は普通の人は行かないんですかね。

そんなこんなで14時について17時過ぎまでの超駆け足な会津観光でしたが、鶴ヶ城でいい写真が撮れたので満足でした。
会津は市内中心部に観光地が多くて路線バスも充実しているので公共交通機関使った観光するにしても良さそうな場所でした。
冬の会津から比較的近くにある写真スポットとして有名な只見線の雪景色があることを会津に行って知りました。翌朝行きたかったけどスキー行くから泣く泣く断念しました。車でなくても路線バスで行けるルートもあったから雪道運転不安でも大丈夫そう。

冬は寒くて外出るのも辛いですが、防寒対策しっかりして雪景色堪能するのもいいですよ!
では、また!!

-撮影記, 旅行
-, ,

Copyright© 旅かめら , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.