撮影記 旅行

冬の磐梯(アルツ磐梯・猫魔スキー場) わずかな晴れ間の雪景色

更新日:

皆さんこんにちは、年末年始4日もスキーに行ったけど1日も晴天に恵まれなかった伊吹です(泣)
もう雪男って名乗っていい気がしてます。
年末年始と会津観光含めて福島に行ってきました。

今回行ったスキー場はアルツ磐梯と猫魔スキー場。両方とも星野リゾートが経営しているスキー場です。個人的にゲレンデ飯が思った以上に美味しかった印象が残っています。個人的なゲレンデの好みはアルツ磐梯の奥にあるゲレンデが人が少なく程よい傾斜と距離で快適でした。

スキー場に行ったらスキーを楽しみたい反面、写真好きとしては雪山とか最高のロケーション環境。スキーもいいけどやっぱり写真も撮りたくなります。そう、晴れてれば(泣)
ほとんど雪が降ってスキーするには悪くなかったんですが、写真撮るには残念な天気でした。

そんな中わずかな晴れ間に撮れた写真達。

アルツ磐梯スキー場と磐梯山

α7RⅢ + FE 12-24mm F4 G

アルツ磐梯に到着した時は晴れててヒャッハー晴れたぜ!!と思って撮った写真。
リフトで登ったら樹氷と青空のええ写真撮れるんでないかとこの時、期待してました。樹氷のエリアに着いたら雪降ってしガスが出はじめてて視界不良で写真どころでなかったです。

猫魔スキー場からの檜原湖

α7RⅢ + FE 24-105mm F4 G

猫魔スキー場からの檜原湖。湖面が若干凍りかけているのはなかなか写真では伝えられませんが、雲が切れたとき湖が顔を出した時は感動でテンションがおかしくなりました。
それから当分はスキーをせずに当分写真を撮ってました(笑)

猫魔スキー場の樹氷

α7RⅢ + FE 24-105mm F4 G

同じく猫魔から。白銀の山と湖に雲の合間からわずかに見える青空。山の尾根線が個人的にポイント高いです。

猫魔スキー場の樹氷

α7RⅢ + FE 24-105mm F4 G

個人的に撮ってみたかった写真。正直雪山ならどこでも撮れる写真かもしれないけど、よく広告とかで使われてそうな写真を撮りたかったんです。青空と白銀の木々で冬って感じでお気に入りの1枚。

スキー場ではほとんど雪だったけど僅かな時間でも晴れてくれて本当に良かったです。重たい機材ずっとスキーの最中背負っていた事が報われました。雪山って最高の景色が撮れる可能性がある反面、今回みたいに天候が悪いと全く景色が見れなくなる分絶景を期待していると辛いものがありました。スキーをメインで行ったので天候とか全く気にせず行ったのが大きな要因な気もしますが。

スキー場は気軽に雪山の写真を撮れますがあくまでスキーやスノーボードをする場所のため、写真を撮る際は確実にゲレンデの端に寄り、かつ人が滑ってこない場所で写真を撮ってください。ゲレンデの真ん中で油断して写真を撮っているのは怪我の元です。

それでは、また。

-撮影記, 旅行
-, , ,

Copyright© 旅かめら , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.