旅行 節約術

車購入時に車両代以外に必要だったもの 初期費用の落とし穴

車購入時の初期費用の落とし穴
皆さんこんにちは、伊吹です。
車を中古車で購入ししばらく経ちましたが、予想以上に車に関して購入費用以外にも費用(税金などは除いたもの)がかかったのでまとめました。
私の車の用途がアウトドア&車中泊という事もあると思いますが、思った以上購入後に追い銭が飛んで行ったのでこれから車を買う人には参考になればと思います。

車両保険

基本的に車を使用する場合は誰でも入る必要が出てくる保険です。
年間走行距離年齢、免許のゴールドかどうかなどで金額が大きく変わってきますが、私は年間走行距離が1万キロ以上になるのでかなり金額を払うことになりました。
ディーラーからもらった見積もりは10万越え、ネット保険で7万5千円だったので7万5千円を払いました。

スタッドレスタイヤ

雪山登山や北海道に行くとなると必要になると思い購入しましたが思った以上に高かったです。
そして購入の際に値段が大きく変わったのが、タイヤのサイズが1インチ変わると値段が3万近くも変わるという事。
正直ここまでタイヤのサイズで値段が変わるとは思ってなくてせいぜい5千円くらいでしょという心がまえでした。
軽が維持費が安いと言われているのは税金だけなくタイヤのサイズが小さいのでタイヤを買い替える際も恩恵がデカいんだと感じた瞬間でした。

ちなみにブリヂストンは高過ぎたのでヨコハマの一つ前のモデルを購入しました。14インチ(アルミホイール込み)でお値段はこちらも7万円

大容量ポータブル電源

こちらは必要な方は分かれると思いますが、私は車中泊前提で車を購入していますが真冬に車中泊すると寝袋だけでは確実に凍死してしまう気がしたので一晩中電気毛布が使えるようにしたいと思って購入しました、


またバッテリーなので安心できるメーカーのJackeryの191400mAh/708Whの大容量タイプの上のものを買いました。お値段はこちらも6万程。どれもこれもお値段が高くて私の財布に穴が開くどころか財布が消失したレベルです(泣)

JAF入会+年間費

バッテリーが上がったり、何かあったりした際は安心できるJAF。レンタカーでも利用ができ、遠出する際のお守りで入会しました。費用は5千円程
JAFだと色々な所で割引きあるからと思っていましたが、こちらは自分が使っている近所のクリーニング店での割引や登山の際のロープウェイ利用時の割引などで5千円分は元はとれたと思います。

足回りアンダーコーティング

こちらもどちらかというと海によく行く人やウインタースポーツをしたり、寒冷地に住む人が凍結防止剤の塩害対策につけるもの。
効果はどうか分からないけど、足回りは錆びると車の修理費に大きく影響することが考えて2万程でディーラーにお願いしました。
一応2年持つらしいですが、寒冷地だと1年で終わってしまうかもと言われたんで、冬に雪国に行きすぎたら1年で切れてしまうかも。

これもディーラー以外にもオートバックスとかガソリンスタンドでもしてるみたいなのでお値段と効果を試してみるといいと思われます。

終わりに

車を買ってみて保険スタッドレスタイヤコーティング代と比較的大きな出費をまとめてみました。
おおよそ20万強。大きなものを買った前後にこの出費は正直かなり辛かったです。
また車を快適に使う上でのこまごまな備品(コンバーターやサンシェードなど)はまた別途買いました。
元々レンタカーで車中泊してたんである程度の追い銭は少ないと思ってたんですが(泣)

ただでさえデカい出費をしてしまった状況ですが安全・快適に車を使う上では必要経費な部分もあります。

個人的に一番の衝撃だったのがタイヤのお値段がインチサイズに応じて大きく異なること。
特に距離を走ったり、スタッドレスタイヤの購入まで考えている人だとタイヤのサイズが大きい場合は大きな負担になってくる気がします。
車を購入前にタイヤのインチとタイヤの値段を軽く調べてみるのもいいかもしれません。
車を買ったことがない人はタイヤのインチによって値段が変わるのは寝耳に水だと思います。

撮影のための足として車を買いましたが、色々と買いそろえるとフルサイズのカメラ買える値段になりました(泣)
負担は大きかったですが車の利便性は大きいので買って後悔はしてないです。(強がりじゃないよ)
では、また。

-旅行, 節約術
-

© 2022 旅かめら Powered by AFFINGER5