撮影記 旅行

南伊豆の河津桜と菜の花を見に 今年も行ってきた

投稿日:

皆さんこんにちは、伊吹です。
昨年も行きましたが、河津桜と菜の花が個人的にはベストな組み合わせで見ることが出来るので南伊豆に2年連続で行ってきました。


2月の第二週に行ったところ、今年は暖冬で咲くのが早かったちょうどようでちょうど満開のタイミングに行くことが出来ました。

南伊豆の河津桜と菜の花を見るには公共交通機関は少し行き難いです。
伊豆急下田まで電車で行き、そこからバスに乗って向かいます。電車と接続しているバスもありますが、バスの本数が少なく乗り換え時間が少ないことが多いのです。事前に電車の到着時刻とバスの出発時刻を確認しておくことをお勧めします。

バスに乗り30分ちょっと。。。目的の南伊豆に到着。

α7RⅢ + FE 24-105mm F4 G


去年も撮ったような構図。2年連続でも河津桜の濃いピンクと菜の花の黄色を見ると、改めて来てよかったと感じます。

α7RⅢ + FE 24-105mm F4 G


今年は来る時期が早かったおかげか、水仙もまだ咲いていました。河津桜と菜の花だけでなく水仙まで見れるってなんか得した気分です。

α7RⅢ + FE 24-105mm F4 G


満開の桜並木。南伊豆の河津桜のいい所は人がそこまで多くないところ。同じ伊豆半島の河津は人が多くてゆっくり見れないので、ゆっくり見るなら本当に南伊豆はおススメです。

α7RⅢ + FE 24-105mm F4 G


桜並木を歩いていると、ネコ発見。見返り美人なおネコ様。可愛い。

α7RⅡ + FE 100-400mm F4.5-5.6 GM


菜の花と桜を少し望遠で撮影。夜はライトアップしてるみたいですが、ライトアップされるとどんな景色になるんだろう。

α7RⅡ + FE 100-400mm F4.5-5.6 GM


前ボケ入れて遊んでみたらいい感じに撮れました。流石GMできる子。

桜並木と菜の花のゾーンを離れて南伊豆のこの時期のもう一つのメインの場所、菜の花畑を目指します。歩くと15分弱程です。

α7RⅢ + FE 12-24mm F4 G


菜の花畑に向かう道中で撮影。春らしさは僅かに見える河津桜だけですが気に入っている写真です。

α7RⅢ + FE 24-105mm F4 G


菜の花畑に到着。今年は少し規模が小さくなってましたがそれでも十分広い菜の花畑。

α7RⅡ + FE 100-400mm F4.5-5.6 GM


菜の花畑で春を堪能って思ってたら・・・ なんか夏混じってますね。

α7RⅡ + FE 100-400mm F4.5-5.6 GM


黄色で同じ色だからとはいえバレバレです。暖冬とはいえ、まさか2月初旬に屋外で咲いているヒマワリを見ることになるとは。そして1本だけでなくポツポツとヒマワリ咲いてました(汗)

河津桜、水仙、菜の花、ヒマワリと2月の寒い時期なのにたくさんの花を堪能できた南伊豆でした。
下田に戻った後、昨年はできなかった下田の町を少しだけ散策。

α7RⅢ + FE 24-105mm F4 G


下田駅からペリーロードへ向かう途中にあったお寺。河津桜と椿が咲いてていい感じだったのでパチリ。

α7RⅢ + FE 24-105mm F4 G


こちらはペリーロード。時間も遅かったこともあり店も閉まっていたおかげか観光客は少なかったです。ちなみにペリーロードは全長は徒歩5分強ほどの広さ。

α7RⅢ + FE 24-105mm F4 G


下田の港の様子。日が陰って哀愁漂ういい感じになってました。

こんな感じで、南伊豆で春の先取り(少し夏も)して下田街も少しばかり散策してきました。
2年連続南伊豆の河津桜と菜の花を見ましたが、そこまで混んでないのでゆったり撮影しながら見れました。また来年も行きたくなる場所でした。
では、また。

-撮影記, 旅行
-, ,

Copyright© 旅かめら , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.