撮影旅行 旅行 節約術

三浦半島1DAY切符で行く 初春の三浦海岸とソレイユの丘

投稿日:

皆さんこんにちは、伊吹です。
先日伊豆半島に河津桜と菜の花を見に行ったばかりですが、今度は三浦半島の菜の花と河津桜を堪能したくなったので2月最後の週末に電車で行ってきました。

今回も伊豆同様にフリー切符を使いました。1日券は品川から1,920円となってます。品川から三崎口が片道930円のため単純な往復だけの利用ではフリー切符の元は取れないですね。2日券もプラス100円から200円で設定されています。
この切符は区間内を何度も乗り降りしたり、現地でバスを利用する人はフリー切符を買ったほうがいいですね。

フリー区間はこんな感じになっています。横須賀、金沢八景、三崎口と観光する場所は充実しているのでしっかり行程組んだら楽しめそうな切符となっています。

しっかり行程組んだらと言いつつ、私は全く行程を組まずに三浦海岸駅へ向かいました。

三浦海岸駅はしっかりと菜の花と河津桜のお祭りモードの看板になって迎えてくれました。

α7RⅢ + FE 24-105mm F4 G


駅から歩いて10分程度で河津桜の並木道に到着。メイン通りはこんな感じです。上の橋の上から京急の電車と桜の写真が撮れるみたいです。

α7RⅢ + FE 24-105mm F4 G


メイン会場その2。池の傍に河津桜が並んでいます。正直河津桜の本数は少ないです。

α7RⅢ + SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM


軽く撮影していたらどんどん人が増えてきて、人混みの写真は撮る気がないので、早々に退散。三浦海岸の河津桜は東京からのアクセスの良さもありたくさん人が来て中々落ち着いて撮れなかったです。満開と休日と天気の条件が揃えば人がたくさんくるのは仕方ないですね。

気を取り直して三浦海岸駅から一駅、京急の終点の三崎口へ。ここからバスで20分ほどのソレイユの丘にある菜の花畑を目指しました。この区間のバスもフリー切符に含まれてます。
そしてありがたいことにソレイユの丘は入場料はかかりません!農業体験とかいろいろと出来る公園みないたところでした。

α7RⅢ + FE 12-24mm F4 G


到着後入口の前には菜の花畑が広がっています。
菜の花畑と奥に見える観覧車がいい感じ。

α7RⅢ + FE 12-24mm F4 G


反対を向きベンチと合わせて入口方向をパチリ。

α7RⅢ + CANON EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM


そして円周魚眼強化期間のため色々な構図を試した結果の1枚。2分割して上下で分けてみたパターンです。

α7RⅢ + SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM


鉄板の菜の花とミツバチ。ミツバチがかなり早く動くのでジャスピンは難しい(泣) 何十枚というか100枚を超えた連射もピントが確実にあったものはなし。。。
純正100-400が欲しいと痛感。

こんな形で想像以上に楽しめたソレイユの丘。

帰りはカレーでも食べようと思い横須賀で途中下車しついでに日露戦争時の戦艦、三笠を撮ってきました。

α7RⅢ + CANON EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM

α7RⅢ + FE 12-24mm F4 G

三浦半島1DAY切符を使い三浦海岸の河津桜と菜の花、ソレイユの丘の菜の花、横須賀散策。正直三浦海岸は前の週に南伊豆町の河津桜と菜の花がかなり良かったので気持ち的なハードルが上がり過ぎて微妙な印象でしたが、東京から近いってメリット考えたら十分綺麗ですね。

菜の花、河津桜の内容がここのところ続いていますが、もう少し続きそうです。

では、また。

-撮影旅行, 旅行, 節約術
-, , ,

Copyright© 旅かめら , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.