カメラ機材

FE 24-105mm F4 G OSS SEL24105G 高画素機にも耐える優等生レンズ

更新日:

皆さんこんにちは、伊吹です。

マイクロフォーサーズからSONYのα7に乗り換えて1年半近くになろうとしているなか、α7R3と同時に購入した標準小三元レンズFE 24-105mm F4 G OSS SEL24105Gの使用感を書きたいと思います。

点的に言えば・・・

F4通しとして理解していれば、しっかりと撮れる優等生レンズ。

FE 24-105mm F4 G OSS SEL24105Gはα7R3とほぼ同時に発売され4,000万画素に耐えられるレンズとして世に送り出されました。
α7ユーザーがずっと求めていたレンズであり発売後1年近く品薄状態が続いていた記憶があります。

そんな私のずっと標準レンズとして使っている感想ですが、とにかくしっかり写ってくれるレンズという印象です。
私が唯一持っているGMシリーズの100-400と比べるとヌケの良さなど少し変わるかなと感じていますが、撮られた写真については特に不満はないレベルの写真が量産されています。

なによりも24㎜から105㎜という焦点距離が非常に使いやすく大三元の24-70はどうしてもレンズ1本で済ませようと思うと望遠域が足りないです。

1番重宝している点はR3でクロップアップをしたら換算160㎜の焦点距離までカバー出来てしまう便利さ。
R3ではGMレンズを使う人が多いかもしれませんが、24*-105もR3との相性は非常にいいと感じています。

このレンズの一番の心配な点はR4でもしっかり解像するレンズ性能なのかってことは非常に気になるところです。

では、以下に作例を載せておきます。
作例は全てR3で撮った写真です。

-カメラ機材
-,

Copyright© 旅かめら , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.