撮影旅行

日本で一番短い一級河川 富士山からの湧水が流れる柿田川に行ってみた

投稿日:

皆さんこんにちは、伊吹です。

日本で一番短い一級河川、柿田川にいってみたくなりサクッと行ってきました。
柿田川って富士山からの湧水が源流で豊富な水量があり、とてもきれいらしいとのことで見てみたくなったんです(笑)

柿田川公園詳細↓

てなことで柿田川公園についたけど、晴れの日に清流の撮影にはPLフィルターがいることを痛感する結果に。

α7RⅢ + FE 24-105mm F4 G

こちらは柿田川公園の第一展望台から撮影した1枚ですが、水が澄んでいることだけは分かってもらえると思います。ここで湧水がたくさん湧き出ているみたいです。
アップでプクプクと湧いている様子を撮ろうと試みましたが仕事のできる光に邪魔されて撮れませんでした。

α7RⅢ + FE 24-105mm F4 G

公園内ではこんな感じで至る所で湧水が。ここは日陰で何とか水の澄んだ感じを撮影できました。

α7RⅢ + FE 24-105mm F4 G

展望台を過ぎ八つ橋に。ここは湧き出た水がわずか数百メートルほどの距離でこれほどの水量になり大きな川となってます!もちろんすごく澄んだ水ですが、悔しい事に澄んだ水の様子を表現できてません。PLフィルターやっぱり必要だったなって後悔しました。

α7RⅢ + FE 24-105mm F4 G

こちらは湧水が飲める場所。富士の湧水が飲めるとかありがたがって飲みました。三島駅の近くの湧水より美味しかった気がしました(笑)

水を飲んで満足したけど、どうせならもう少し川の近くに行って見てみたいと考えて柿田川周面をうろつきました。
基本的に川の傍まで行くことは環境保全上厳しく、柿田川の下流に川岸に降りれる場所と駐車場(柿田川唯一の橋が架かっているあたり)がありましたのでそこに車を置いて散策。下流といっても水源からわずか1㎞程度しか離れていないのですが。

α7RⅢ + FE 24-105mm F4 G

橋の上から。柿田川の周辺は住宅が多く決して秘境なわけでないのにこの水の透明度。正直言って羨ましい。毎日ここの水飲みたい。透明で分からないですが水量はかなり勢いよく流れており泳ぐことは不可能です。

α7RⅢ + FE 24-105mm F4 G

川辺に降りて川の傍からパチリ。水草がめちゃくちゃいい感じだけど、光が仕事をしてくれて綺麗には写らず(泣)

僅か全長1.2㎞と短い柿田川ですが、水の透明度は本当にすごかった。透明度だけ言えば上高地レベルでした。
柿田川公園に行く方はぜひ第一展望台と第二展望台だけでなく、八つ橋まで行ってほしい。展望台からは湧水が湧いている様子を見れますが、八つ橋あたりだと清流になっているので一見の価値はあります。
正直言えば展望台は少しがっかり感がありますが八つ橋と柿田川下流については三島や沼津といった近く行った際は足を延ばしてみるのもいいと思います。

では、また。

-撮影旅行
-,

Copyright© 旅かめら , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.