カメラ機材

M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO  人物・動物・接写の万能ハイスペックレンズ

更新日:

みなさんこんにちは、伊吹です。
マイクロフォーサーズ陣営Olympusの大三元の一角を担うM.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PROについて今回書かせてもらいました。

焦点距離は35㎜換算で80㎜~300㎜、1.4倍テレコン装着時はF4になり420㎜まで、更に2倍テレコンを使えば600mmの望遠を撮影可能に。私にとってこのレンズは動物撮影と花を絡めた撮影によく使用していました。人を撮る人にはポートレート用レンズとしても使えるかと。

気に入っていた点は通常大三元の望遠だと70-200の焦点距離ですが、80-300のため望遠域が強化されています!200㎜では望遠が足りない時でも300㎜まで届くので通常の望遠レンズよりも使い勝手がよく心強いです。

動物を撮るときはこの100mmの違いが大きく効いてきます。

作例は以下の通り。

OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

ある程度寄れるので接写性能を活かしたボケのある写真を撮影でき、かつピントの合っている部分はOlympusのキレキレな描写。

OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

AFが早いので動物園のアイドル、動き回るカワウソもしっかりと撮影。

OM-D E-M1  + M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

オリ越しのヒョウもパチリと迫力満点に。撮ってるとき少し怖かったです(笑)

OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

キツネの上目遣いの可愛い一枚。しっかりと解像しつつもボケが綺麗に出てくれています。

以下1.4倍テレコンのMC-14を装着した写真。

OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14

テレコンつけたけど目の澄んだ感じや毛並みまでしっかりと解像してます。

OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14


鳥撮りにも420㎜までいけば状況によっては十分に対応できてきます。

OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14


1.4倍テレコンつけた広角端の一枚。望遠ズームの弱点とも言える広角端でこれだけ撮れればいいのでは。。。

Olympusの大三元の望遠域を担うM.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO。銘玉が多くそろうマイクロフォーサーズの中でも元々評判のいいレンズ。このレンズはマイクロフォーサーズにしては重いですがシステム的に重さが許容できるならぜひ導入して欲しいレンズです。以前レビューした魚眼のプロレンズと違いこちらは人物、動きもの、動物、接写性能と使用用途が豊富で使い勝手良いレンズ。
マイクロフォーサーズの中では重量級と言われるますが、フルサイズに移行し余計に望遠域こそ軽量で被写界深度の深いマイクロフォーサーズが活きている分野と改めて感じさせてくれたレンズです。

更に、2.0倍テレコンも出たので600㎜F5.8のレンズとして使えるようになりました。2倍テレコンの評判もかなりいいみたい(私は未使用)で、600㎜あれば鳥でも十分射程圏内に入ってくるのでこれからますます評価が上がりそうなレンズですね。

では、また。

-カメラ機材
-,

Copyright© 旅かめら , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.