撮影旅行 節約術

青春18きっぷで行く! 日本三名園 梅の名所 水戸の偕楽園

投稿日:

皆さんこんにちは、後楽園と兼六園は知ってましたが、偕楽園が三名園とは知らなかった無知な伊吹です。

青春18きっぷを買ったもののどこに行くか決めておらず、せっかくなので水戸にある梅の名所に行ってきました。
上野から特急使わずに常磐線快速で2時間程度。特急使えば1時間程度。更に梅の時期は東京方面からの場合だけですが、偕楽園駅に停車する電車(普通、快速、特急)もあるため便利!

私が行ったのは春分の日。比較的暖かった今年はもう梅の花も終盤を迎えてつつありました。
偕楽園に行って思ったこと、コレ三月の初旬の梅の花が一番咲いているときに来たらヤバい場所や。結構散りつつある現状でも凄く綺麗なのに最盛期はどれほどなのか、と思い来年の三月上旬に必ず来ようと心に決めました。

来年は絶対一番綺麗な時期に来る!!

偕楽園の詳細については公式HP↓からどうぞ。

α7RⅢ + FE 24-105mm F4 G


偕楽園についたら当日昼まで雨のせいか、時期も遅かったのせいか、着いたのが14時過ぎだったから遅かったからなのか、で人が溢れているなんてことはありませんでした。見頃を過ぎていたとはいえ十分見ごたえありましたが。

α7RⅢ + FE 24-105mm F4 G


人は終始この程度で、身動きは余裕で撮れるけど写真撮るときは人が通る導線の道についてはどうしても、人が写りこんでしまいます。

α7RⅢ + FE 24-105mm F4 G


梅の木の下には行けませんが梅の木の近くまでの歩道はしっかりと整備されています。

α7RⅢ + FE 100-400mm F4.5-5.6 GM


望遠で圧縮効果を。ポートレート撮る人からしたら70-200の焦点距離でめちゃいい絵が撮れそうな場所だなと、人を撮らない人間の感想です。

α7RⅢ + FE 12-24mm F4 G


逆に広角で。梅の花って結構枝と花が密集しているからこそ広角でパースを効かせた方が映える時も多いと素人的な安直な考え。ただ、当日は風が強くて枝がブレまくって撮れ高的には低かったです。写真四隅の枝が風でブレてブレ写真量産体制となりました(泣)

α7RⅢ + CANON EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM


寄って撮ろうと思ったけど、ソニーのレンズは100-400以外は基本寄れないレンズばかり。手持ちで唯一寄れる魚眼レンズで撮影しトリミング。日の丸構図で梅の花が綺麗に撮影でき、ど真ん中にきてるから魚眼の歪みもほぼなし!

α7RⅢ + CANON EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM


円周魚眼モードに切り替えて梅をパチリ。枝の曲がり具合に魚眼の歪みが加わった相乗効果的?な写真。

α7RⅢ + CANON EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM


散り気味な梅の並木道をパチリ。魚眼のはずがあんまり魚眼ぽくなく仕上がりました(笑)

α7RⅢ + FE 24-105mm F4 G


こちらは偕楽園から線路を挟んだ反対側の公園の様子。こちらも梅がたくさん咲いており、偕楽園と公園含めて両方楽しめました。

α7RⅢ + FE 100-400mm F4.5-5.6 GM


公園を徘徊していたら可愛い鳥さんがいたので望遠レンズかつ、クロップアップして更にトリミングした1枚。クロップアップの600㎜でも望遠って足りない模様。テレコン買わなきゃいけないのか(泣)

こんな感じで偕楽園とその向かいの公園を散策しました。偕楽園は時間もなかったので今回は目的の梅の咲いている場所のみ見て回りました。本当は竹林とか他にもあるみたいだからそこまで足を延ばしたかった。次は全部見て回りたい。

偕楽園は常磐線の駅もあって梅の咲く時期はとてもアクセスしやすい場所(バスも水戸駅から20分くらい)で、庭園とその向かいの公園含めると半日~1日は時間をかけてもよさそうなスポットでした。梅の咲く時期は青春18切符とも相性はいいので3月初旬から中旬にかけて来年は行きたいです。

では、また。

-撮影旅行, 節約術
-, ,

Copyright© 旅かめら , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.