撮影記 登山・ハイキング 観光情報

残雪期の一切経山 期間限定の景色を堪能(福島観光・登山)

皆さん、こんにちは伊吹です。
福島にあり、しばしば地球でないような景色が広がっていると話題になる磐梯吾妻スカイライン。
そこから行ける一切経山という素晴らしい山があり、冬季通行止の開通直後でまだたくさん雪が残る状況の山に登ってきました。
残雪期の一切経山という限られた時期しか見られらないすばらしい光景が広がっていました。
そんな期間限定の美しい景色を今回はまとめてみました。

アクセス

磐梯吾妻スカイラインには猪苗代方面福島方面からの両方からアクセスができます
その時の行き先などからどちらから入るかを選ぶことができます。また残雪期は夜間は通行止めとなることや、降雪があった場合も通行止めになるので行く場合は事前に天気を確認して行ったほうがいいです。

注意点

一切経山は夏山のときは400m程度登ればよい山で比較的難易度は低いですが、冬季通行止め解除直後の時期は雪はまだしっかり積もっっておりチェーンスパイクやアイゼンなどの雪山装備が必須になるので登る人はその点を頭に入れて計画を立ててください。

一切経山登山 魔女の瞳まで

磐梯吾妻スカイライン 開通直後の登山

α7RⅢ + FE 24-105mm F4 G

磐梯吾妻スカイラインにある登山口から登り始めます。駐車場付近はこんな感じでこのあたりは雪解けは比較的早いようです。

一切経山 残雪期登山

α7RⅢ + FE 24-105mm F4 G

一切経山登山 残雪期の吾妻富士

α7RⅣ + FE 24-105mm F4 G

一切経山登山 残雪期

α7RⅣ + FE 24-105mm F4 G

一切経山 残雪期登山

α7RⅢ + FE 24-105mm F4 G

登山道の道中です。別の年の写真を合わせて載せましたが、年によって降雪量が多かったり行く時期によって雪がどの程度残っているかは違うので注意してください。
雪がある時期は基本チェーンスパイクやアイゼンなどは持っていきましょう。

一切経山登山道からの 残雪期磐梯山

α7RⅢ + FE 24-105mm F4 G

一切経山の山頂に向けて登っていくと磐梯山が見えてきます。
雪景色と相まって美しい景色です。

一切経山山頂からの景色

α7RⅢ + FE 24-105mm F4 G

雪解けが進む中新緑も出てきていて雪の白と新緑の色が合わさり登っていててもそこまで急でないためか非常に楽しい登山。

山頂に到着。お目当ての魔女の瞳は。。。

残雪期の開眼前の魔女の瞳

α7RⅡ + FE 12-24mm F2.8 GM

一切経山山頂からの残雪期の魔女の瞳

α7RⅢ + FE 24-105mm F4 G

一切経山山頂からの魔女の瞳

α7RⅡ + FE 12-24mm F2.8 GM

まだ雪解けが始まってないく開眼前の状況でしたがこれも非常に美しいです。

快晴の晴天の中無事魔女の瞳を見ることができて下山はいつもの浄土平を回って戻ります。

浄土平 鎌沼

一切経山 残雪期の浄土平

α7RⅢ + FE 24-105mm F4 G

一切経山から下山し駐車場へ行くルートではなく、鎌沼を1週回る散策路ルートへ。雪解けが進んでますが緑が出てくるのはまだ先ですね。

浄土平

α7RⅢ + FE 24-105mm F4 G

何気ない風景も美しい。ほんと残雪期の魅力というべき新緑と雪がええ感じです。

一切経山 残雪期の鎌沼

α7RⅢ + FE 24-105mm F4 G

一切経山 残雪期の鎌沼と浄土平

α7RⅢ + FE 24-105mm F4 G

磐梯吾妻スカイライン 残雪期の鎌沼

α7RⅢ + FE 24-105mm F4 G

雪解け進みつつある鎌沼。このタイミングはおそらく1日1日同じ景色ではない光景が広がっているから毎年来て見に来たくなります。

絶景を惜しみつつも鎌沼後にし、駐車場へ戻ります。

まとめ

磐梯吾妻スカイライン開通直後の一切経山について書いてきました。
書いたとおり難易度的には難しい山ではないですが、あくまで残雪期の雪山であること前提にいけば美しい光景が見ることができます。

また鎌沼から駐車場へのルートですが目印が少なく比較的迷いやすいように感じましたので行く方は注意してください。

一切経山は夏山も美しいので磐梯吾妻スカイラインが開通している間は非常におすすめできるスポットです。

では、また。

-撮影記, 登山・ハイキング, 観光情報
-, ,

© 2022 旅かめら Powered by AFFINGER5