撮影記 旅行

沖縄北部の観光名所 大石林山行ってきた 亜熱帯の森とカルスト地形が作りだした不思議な空間

投稿日:

沖縄北部の観光地大石林山の悟空岩

皆さんこんにちは、伊吹です。
北にばかり行ってましたがたまには青い空と青い海で有名な沖縄に行ってきました。

沖縄行ったのは手つかずの自然が残るという沖縄北部のヤンバルエリアに行ってみたかったから。
結局沖縄行っても森の中を徘徊していました(笑)

今回向かったのは沖縄の実質最北端といっていい大石林山。
アクセスは公共交通機関で行くのは厳しいので車で向かいましょう。
名護市市内から車で1時間程度、那覇空港からだと高速を使って2時間半程度でした。那覇空港から一番遠い場所といっても間違いないです。

大石林山の散策路は上記のようになっています。最初にチケットを買ってバスで送ってもらって散策が始まります。
全コースを歩いたのですが個人的に必ず行った方がいいと思ったのが赤の美ら海展望台コース緑のガジュマル・森林コース。この二つは大石林山の美しい所を凝縮したコースとなっていると思います。

大石林山の精気小屋より

α7RⅢ + FE 24-105mm F4 G

こちらはスタート地点の精気小屋からみた景色。ここからもうこれはヤバい場所に来てしまったのでは??といいワクワクが高まってきます。

大石林山バリアフリーコースと美ら海展望台コース入口

α7RⅢ + FE 24-105mm F4 G

ここが美ら海コースとバリアフリーコースの入口です。雰囲気あるガジュマルが入口の脇にたたずんでいます。

沖縄北部大石林山の悟空岩

α7RⅢ + FE 24-105mm F4 G

こちらが大石林山のメインとも言える悟空岩。カルスト地形のゴツゴツした岩場に生えているソテツ。
まさしく亜熱帯でカルスト地形だからこその光景。
これが見たくて来たかいありました!!

大石林山の悟空岩とソテツ

α7RⅢ + FE 100-400mm F4.5-5.6 GM

ソテツアップで撮影。岩場に必死で生えているソテツ。沖縄の強力な台風来たら飛んで行ってしまいそうですがちゃんと生えてます(笑)

この悟空岩のそばに階段があるのでそこを登って大石林山の山頂?の展望台を目指します。

大石林山の守り猫

α7RⅢ + FE 24-105mm F4 G

展望台への途中にあるネコの形をした岩、通称「守り猫」。確かに猫の形をしてます。肉眼では中々遠くて見づらいのが少し残念な所。。。

大石林山の展望台からの辺戸岬

α7RⅢ + FE 24-105mm F4 G

展望台に到着。天気は残念ながら曇りびになったので景色はそこまで良くないですが、展望台からは沖縄最北端の辺戸岬が。晴れていれば鹿児島県の与論島も見えたはず。。。

大石林山展望台

α7RⅢ + FE 24-105mm F4 G

展望台から角度を変えて。こちらも天気が良ければ絶景が広がっていたと思われます(泣)

美ら海コースはこんな感じで特徴的な景色を見ることができました。スタート地点の精気小屋まで戻ってきましたが、そこからバスで入口まで戻るかガジュマルコースで入口まで降りていくかになりますがガジュマルが素晴らしいので是非ガジュマルコースにも足を運んでください。

大石林山ソテツ群落

α7RⅢ + FE 24-105mm F4 G


ガジュマルコースに入るとガジュマルではなく、ソテツ群落が見えてきます。
中々綺麗に撮れていないですが山の斜面一面がソテツで覆われています。日本でソテツ群落って見れるところ殆どないのでは。。。 その珍しい群落が山の一面に広がっています。
本当は高台でもあれば綺麗な写真を撮れるんでしょうが、下からではこの写真が限界でした。ドローンで撮れたら圧巻の風景を見ることが出来そうです。

大石林山ガジュマルコース

α7RⅡ + FE 12-24mm F2.8 GM


ソテツ群落を後にして少し歩けばガジュマルのボスラッシュが始まります。最初に現れたガジュマル様。写真では中々伝わらないですがガジュマルは圧巻です。

大石林山ガジュマル広場

α7RⅡ + FE 12-24mm F2.8 GM


また別のガジュマル。このガジュマルはカッコいい形をしています。ガジュマルにはキジムナーとう精霊が宿ると言われていますが、実物みたら精霊が宿ると言われる所以が分かりました。

日本最大の大石林山の御願ガジュマル

α7RⅡ + FE 12-24mm F2.8 GM


こちらは日本で一番大きいと言われている御願ガジュマル。たくさんガジュマルを見てきた最後に現れます。このガジュマルを見た時は語彙力が貧弱になってスゲーとしか思えませんでした。
本当にこのガジュマルコースを歩いたらガジュマルという木が大好きになっていました。
本州で見る木と違うし、決して幹が太く高さが凄く高いというわけではないんですが言葉では言い表せないような感じです。
ガジュマル本当に凄い。そしてキジムナーの前でオナラをしたらボコられるとい情報を知り気をつけようと思いました(笑)

こんな感じで大石林山を散策してきました。
沖縄の大自然が残るヤンバルエリア、その中でもカルスト地形の上に亜熱帯の森が形成された珍しい自然の景色を見ることが出来ました。
行く前までは滞在時間多くても2時間程度かなとおもっていました最終的に4時間近く滞在していました。
美ら海展望台コースとガジュマルコースをゆっくり見て回ると2時間半、奇岩・巨石コースも含めたら3時間から3時間半くらいの時間を見ておけばゆっくり満喫できる滞在時間だと思います。
悟空岩のような景色を目的に行ったら、ガジュマルというヤンバルの森の魅力を見せつけられた最高の場所でした。

沖縄のほぼ最北端にあるのでアクセスはかなり悪いと言えますが、森歩きが好きな人植生に興味がある人には是非ともこのためだけに訪れる価値はある場所です。
是非ガジュマルに圧倒されて欲しいです。

では、また。

-撮影記, 旅行
-,

Copyright© 旅かめら , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.