撮影旅行 旅行

猫島 猫の楽園 相島

更新日:

皆さんこんにちは。全ての猫の下僕こと伊吹です。
日本に世界に6つしかない猫スポットうち2つがあることをご存知でしょうか。私もさっき知りました(笑)
日本でも有名になっている福岡の猫島 相島、博多駅から比較的アクセスしやすく船の本数も少なくはないため行きやすい島となっています。

福岡は中心部から近い範囲に気軽に行ける観光地が太宰府くらいしかなく、福岡観光で食い倒れする前の腹ごなしと猫島もいいと思います。
ちなみに北九州の藍島にもう一つの猫島があります。1泊2日なら猫島梯子も夢でない。

アクセス的には
博多駅―JR→福工大前(20分)―バス→相島渡船場(10分)-フェリー→相島(20分)
となっていてフェリーは1日5~6往復してます。

α7RⅢ + FE 12-24mm F4 G

相島渡船場からフェリーに乗り相島に到着。基本的に猫好きと釣り人と島民がフェリーを利用してます。3回行ったうち一回だけ定員でフェリーに乗れないギリギリのときがあったので行く際は注意必要です。(バスで行くと注意しようがないですがダッシュでバスを降り券売機をチケットを確保する程度しか出来ません)
着いたら帰りの切符をまず買いましょう。帰りの船も並ぶので、乗りたい時間の船にスムーズに乗るためには事前購入が安心です。
帰りの船も確実に乗るために混み具合によっては早めに並び、確実に乗れるように気をください。

猫島についたらあとは猫と戯れる簡単で途轍もなく難しいミッションをこなすだけ。

ミッション結果はこちら。

α7RⅢ + FE 24-105mm F4 G

α7RⅢ + FE 24-105mm F4 G

OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

α7RⅢ + FE 24-105mm F4

OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14

OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14

α7RⅢ + FE 24-105mm F4

子猫から親猫、お魚咥えている猫まで、猫たちが港付近のいたるところにいます。
猫達は基本的に港から徒歩5分程度の距離に多くおり、島を一周しましたがさすがに島全土が猫で溢れている訳ではありません。猫だけが目的で島に行った場合は港周辺で次のフェリーまで時間を過ごすプランでいいと思います。
島には史跡や景勝地もあるので、せっかくだからという人は足を運んで見てもいいかもしれません。

猫島の猫は警戒心が薄い猫も多いので気分がいいと触らせてくれて膝に乗って甘えてくれるかも。私の膝にものってくれて癒されていたらふとした瞬間にそそくさと立ち去ってしまいました。少しは名残惜しんでくれてもと思いますが、そこを含めて猫の下僕なんで膝に乗って甘えてくれただけで満足してしまいました(笑)

猫好きからすれば楽園の島です。
最後まで読んでいただきありがとうございます。では、また。

※相島にはコンビニはありませんが、昼食を食べる店は数件あります。昼時に訪れる際は注意してください。

-撮影旅行, 旅行
-,

Copyright© 旅かめら , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.