撮影旅行 旅行

驚きの白さ 南紀白浜からの和歌山の旅

更新日:

みなさん、こんにちは伊吹です。
私がこれまで訪れたことない県、和歌山県。ひょんなことから行ってみようということで和歌山を訪れました。

α7RⅢ + FE 12-24mm F4 G

タイトルから分かるようにネットで和歌山を調べて白良浜って場所があると分かって試しに行ってみたら想像以上に砂浜が白い!!
もはや洗剤のキャッチコピーのごとく驚きの白さ。

どう考えてもここまで白良浜が白いとは思っていませんでした。そして、青い海。さすがハワイのワイキキビーチと姉妹ビーチなだけはありますね。

ハワイに一度も行ったことないけど、ここはハワイと言っても問題ないレベルではないでしょうか。
いい写真も撮れ、来た時期が夏を外してよかったです。夏に来て写真撮ったら水着のお姉さんが本当に偶然、たまたま意図せず写真に写ってしまい間違いなくお巡りさんに声掛けられて撮影どころではなかったでしょう(笑)
絶景を前にして写真撮れないとか拷問でしかありません。

そんなこんなで和歌山で撮った写真をじゃんじゃん上げていきたいと思います!

α7RⅢ + FE 12-24mm F4 G

まずは白良浜の近くの千畳敷の日の出直後の写真。早朝は独特の空気感が写真に出ますよね。

α7RⅢ + CANON EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM

α7RⅢ + CANON EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM

お次は串本の代表的景勝地、橋杭岩です。

高台から見るとこんな形になっています。本当にここだけこの地形が残るとは不思議です。

α7RⅢ + FE 12-24mm F4 G

行ったときは潮が引いていて比較的橋杭岩の近くまで歩いていけました。

α7RⅢ + FE 12-24mm F4 G

リフレクションをうまく使え、超広角独特のパースも効き個人的に和歌山での写真で一番いい出来。

α7RⅢ + FE 12-24mm F4 G

那智勝浦にある玉の浦海水浴場の近くの海岸でふと気まぐれでよって撮ってみようということで撮影してみました。

α7RⅢ + FE 24-105mm F4 G

すごく水が綺麗で写真撮っててもテンションが上がります。いつも見ている緑っぽい海と透明度が違います!

α7RⅢ + FE 24-105mm F4 G

最後は川湯温泉でパシャリ。川湯温泉って川底から温泉が湧いているみたいで川の水が温かいので11月にも関わらず川に足つけて写真を撮ってました。30分くらい撮ってたらさすがに冷えたので本当に水温が高いのかただのプラシーボ効果かは温度を測ってないので分からないですが。

α7RⅢ + FE 12-24mm F4 G

今までなかなか行く機会がなかった和歌山。今回は白浜、串本、那智勝浦とほとんど海沿いしか回れませんでしたが、写真撮影の旅には景勝地がたくさんあっていいところですね。
和歌山には今回は時間の都合上行けなかったですが、高野山や熊野古道や歴史ある神社などまだまだ行ってみたい場所がたくさんあります。また機会を見つけてなんとか足を運んで写真を撮りたいものです。
では、また。

翌日は日本で一番大きな村十津川村に行きました↓

-撮影旅行, 旅行
-,

Copyright© 旅かめら , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.